| HOME | ぬくもり |

title.png

1_1.png熱中症の予防と対策  
・いつでも どこでも だれでも条件次第で熱中症にかかる危険性がありますが、
正しい予防方法を知り、普段から気をつけることで防ぐことができます。無理せず、
徐々にからだを慣らすようにしましょう。
・熱中症になった場合も、適切な応急処置により救命することができます。

対策1 シーズンを通して、暑さに、負けない体づくりを続けよう

  気温が上がり始める初夏から、日常的に適度な運動をおこない、適切な食事、
十分な睡眠をとるようにしましょう。
・「水分を」こまめにとろう  ※高齢者、障がい児・障がい者の方は、
   ・「塩分を」ほどよくとろう  のどの渇きを感じなくても、こまめに水分補給を。
   ・「睡眠環境を」快適に保とう    
   ・「丈夫な体を」つくろう

対策2 日々の生活の中で、暑さに対する工夫をしよう

・「気温と湿度を」いつも気にしよう
   ・「室内を」涼しくしよう   (こまめな換気、遮光カーテン、すだれ、打ち水など)
   ・「衣服を」工夫しよう
   ・「日ざしを」よけよう
   ・「冷却グッズを」身につけよう

2_1.png対策3 特に注意が必要なシーンや場所で、
暑さから身を守るアクションを    
(特に体温調整が十分でない高齢者、障がい児・障がい者、子ども)
・「飲み物を」持ち歩こう     ・「休憩を」こまめにとろう
・「熱中症指数を」気にしよう
*外出時の準備
○日傘や帽子の着用      ○日陰の利用、こまめな休憩
○通気性の良い、吸湿・速乾の衣服着用

熱中症になった時の処置は・・・

1.涼しい場所へ避難させる
   2.衣服を脱がせ、身体を冷やす  
   3.水分・塩分を補給する

2_2.png男性のための電話相談
~話してみませんか~相談無料・秘密厳守
家族・パートナー、職場の人間関係、生き方、からだやこころの
不調など…誰かに相談したくても、ひとりで抱えている方が少な
くありません。困った時は、気軽に相談してみてはいかがですか。
専門の男性相談員が電話を受け付けます。
匿名で相談できるので、ご安心ください。

専用電話:06-6910-6596
(ナンバーディスプレイは使用していません。)
相談実施日:第1・4水曜日 第2・第3土曜日
        16:00~20:00

3_1.png2019年10月開講
大阪府委託訓練事業 離職者等再就職訓練
募集あんない
家離職者等再就職訓練は、民間訓練実施機関を活用した座学訓練と
     民間企業等への委託による企業実習を組み合わせたもので、訓練で
     習得した技能を現場で実践できることが特徴の職業訓練です。

     ■ 募集期間   : 8月19日(月)まで
     ■ 選考試験日  : 8月28日(水)
     ■ 選考結果通知日: 9月13日(金)

   ■知識等習得コース
    2ヵ月訓練
     ・介護職員初任者養成研修科
    3ヶ月訓練
     ・Webデザイナー科
     ・メディカルアシスタント養成科
  ・医療・調剤事務科 など
    4ヶ月訓練
     ・医療事務・歯科助手科(女性対象) など
    6ヵ月訓練
     ・介護福祉士実務者研修科 など

  ■ 知識等習得コース ひとり親家庭の父母優先枠付
    3ヶ月訓練
    ・医療・調剤事務科
    ・総務・経理事務科

   申し込み資格や申し込み方法などの問(とい)合せは…
   府民お問合せセンター「ピピっとライン」
   電話:06-6910-8001

4_1.png台風に備える!
    接近する前に
台風は、事前に来ることが予想できる災害、近づいている台風のニュースを見たり聞いたりして、対策を確認しましょう。

>大雨や暴風などの警報・注意報、こまめに気象情報を確認してください。
家の周りの再点検をする。
>強風などによって飛ばされる可能性のあるものは、室内にしまうか、飛ばされないよう固定しましょう。

>床上の浸水対策をする。
家財や家電などは浸水の被害をうけないように、高い所に移動させましょう。

>ライフライン断絶に備える。
断水に備え飲料水を確保しましょう。
浴槽に水を張るなどしてトイレなどの水を確保しましょう。避難に備え、非常持ち出し品を準備しましょう。
ゴミの収集について
 環境衛生課発行の「ゴミ収集表」に基づいて、決められた日
 ・分量を守ってお出しください。「ゴミ収集表」は人権文化センターにあります。

▲ ページトップへ